HOME > 

やっぱり住みたい一戸建て

賃貸?購入?どっちがお得?住宅探しで一番最初に頭を悩ませてしまうのが、一戸建てか、はたまたマンションか、どちらを選択しよう・・・というところでしょうか。まずは賃貸にするのか、夢のマイホーム購入にするのかの選択から始まり、お次は、マンションか一戸建てにするかを選択していかなければなりません。選択肢が二つの中で、マンション、または一戸建て、どちらかを選んでも、次に決めていかなければならないのが、新築にするか、中古にするなどなど、決めていかなければならないことが山のように出てきます。やはり、賃貸にするか購入するかによって、マンションまたは、一戸建てに住むかのポイントが大きく変わってきます。ご自身の年齢などにもよりますが、将来的に家を購入する意欲があるんであれば、早めに住宅購入を検討されることをおススメします。今の生活環境がご実家などで家賃がかかっていなかったり、社宅なので家賃は会社持ち、公営住宅なので家賃が大きい支出にはなっていない、などの場合は別です。しかし、今の世の中何が起きるか全く分かりません。今はマイホームの購入などを気にしなくてよくても、念のため・いざという時のため、貯めれるうちにしっかり貯蓄しておくことをおすすめします。

通常の相場で高い賃貸家賃を払い続けている方は、決めるのが早ければ早いほど、賃貸の家賃をそのまま住宅ローンへまわせます。老後のローンに対する支払などの心配は減るかもしれません。これから先の長い人生プランで、一番大きなイベントになりうる住宅購入ですので、そう簡単には決められないかもしれませんが、なるべく早めに住宅購入ノウハウだけでも知っておくだけで、いざという時に本当に助かります。実際のところ、最近では結婚・出産・住宅購入までのライフプランを建てて、実行されている20代のご家族というのも少なくはありません。低価格で提供するハウスメーカーが多く出てきたのも、20代での購入が可能になった大きな理由の一つだと考えられます。30〜40代にかけてしっかり頭金を貯めて、ゆとりをもって購入を考えるか、若いうちから人生設計をしっかり建て、早めに購入するか、どちらにせよ、ご自身とご家族のライフスタイルも考えて、決められたほうがいいでしょう。

実は住みたい。一戸建て。

お住まいの地域にもよりますが、やはり都心では、マンションに人気がかたよる傾向があります。管理面が楽そうだから・経済的にマンションのほうが割安だから、などなど、いろいろ選ばれる理由があります。しかし、同じ金額で同じ立地条件なら、当然庭付き、専用ガレージ付の戸建に住んでみたいものです。実際のところ、戸建てで住みたいけれど、経済的や、家庭環境、家族構成、家族年齢など、いろいろな事情で住んでるのはマンションという方もいらっしゃるのが実情かとと思われます。家族構成がずっと一緒なら問題はありませんが、年数とともに変化していくものなので、それにあわせてお部屋も変化させていきたいものですよね。リフォーム部分も考えての住まいだと、やはり戸建ての方が自由がききそうです。ただ、管理やメンテナンス面は自分達で行わなければなりません。

このページの先頭へ

ページの先頭へ